自動車保険を賢く見直すポイント その2

 車両保険を見直して安くするコツ!

自動車保険見積もりのインズウェブ

7年以上経過すれば、車両保険でかけられる金額もだいぶ
減ってしまいます。

新車のうちは必須といえる車両保険ですが、年数が経過してしまえば
補償される金額も目減りしてしまいます。


経過年数によっては車両保険を外してしまって、事故の際は自腹で補償した
方が経済的にも安上がりになるということもあります。

「一般車両保険」にすると、保険料は高くなります。

車同士の事故、単独事故、盗難、自然災害など幅広く補償されます。

「エコノミー+A」にしますと、一般車両保険に比べると保険料は安くて
すみます。

「エコノミー+A」は一般車両保険から、
単独事故(自損事故)と当て逃げなどが補償されないタイプの保険です。
コストはかなり抑えることができます。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

「車両保険なし」にすると、車両保険料はゼロですみます。
自分の車両の補償は一切なくなるのでとても不安な気持ちになります。
悩むところです。

ただし相手がいる事故の場合、過失割合に応じて相手から賠償されます。

例えば100万円の損害で、過失割合50:50なら、
相手から50万円が支払われます。

ですが過失相殺などを考慮するとすんなり数字通りいく
ケースはまれになります。

なお単独事故、盗難などでは補償は一切出ません。

保険会社によっては自社オリジナルの制度を導入して、
保険料を安く抑えることができる会社もあります。

それぞれの会社の見積もりを取ってみて、よく比較検討してみることが、
安く抑えることのできるポイントになります。

補償内容を変えなくても、ちょっとしたコツを知ることで
保険料を可能な限り安くすることができます。

自分の状況に合わせてはずせないポイントを押さえて、
できるだけ不必要な補償をつけないことが安く抑えるコツです。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする