ダイレクト型自動車保険と代理店型自動車保険

通販型自動車保険(ダイレクト型自動車保険)は、
テレビCMなどでもよく見かけるようになりました。

自動車保険見積もりのインズウェブ

でもまだ代理店型自動車保険との違いについて
知らない方が多いのではないでしょうか?

通販型と代理店型の違い
メリット、デメリットについてご紹介します。

自動車保険は、
「通販型自動車保険(ダイレクト型自動車保険)」と
「代理店型自動車保険」という2つの種類に大別されます。

ダイレクト型自動車保険とは、特定の店舗を持つこ
とがない、インターネットや電話などを介して契約・更新・
変更を行う自動車保険のことです。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

1995年に保険業法が改正されて以降、各保険会社が保険料を自由に
設定することが可能となり普及しました。通販型のほかに、
「ダイレクト型」と呼ばれています。

一方の代理店型自動車保険(以下、代理店型)とは、
特定の店舗を有し、店舗およびご自宅などで担当者と直接対面して
やり取りをする自動車保険のことです。
ダイレクト型自動車保険が登場してからは、双方を区別するために
「代理店型」と呼ばれています。

ダイレクト型と代理店型には、それぞれ異なる特徴があります。

ダイレクト型のメリット

やり取りに関してインターネットや電話などを介して行うた
めに、募集代理店に支払う手数料をはじめとしたコストが削
減されており、経費がかからない分、保険料が安くなります。

インターネットや電話などのやり取りに関して、
手続きを自分のタイミングで進めることができ、
代理店に気を使わずにすむこともメリットです。

また複数の保険会社の見積もりを取ることで、比較検討
がしやすい利便性も兼ね備えています。

今、私はダイレクト型の保険に加入しているのですが
代理店型に加入している時は比較検討することもなかったので、
ネットでいろいろと見積もりをしてみることで
どの契約を付帯するといくらになり、外すといくら安くなるというのが
わかるようになりました。
どの契約はいらないとか学ぶことができる様にもなったので
わたしにとっては通販型を選んで良かったです。

代理店型に加入していた時は
ことの是非をあまり考えることなくまかせっきりにしていたので、
ダイレクト型にしていろいろと学ぶようになりました。
私にとっては相性の合う保険です。

それと、代理店型に対して事故の時の対応がどうなのかと
思う方もいらっしゃるのですが、
私がダイレクト型にして1度だけ事故を起こしたのですが、
代理店型と比べて対応に不満がありませんでした。
そして、補償も充分にいただけたのでとても満足の行く
結果でした。

むしろ代理店型にはない満足をいただいたので
ダイレクト型にして良かったと思っています。

ダイレクト型のデメリット

対面式ではないので書類作成・手続き・事故の連絡などを、
電話などで保険会社スタッフのサポートを受けながら自分で行わなけれ
ばならない場合があるのがデメリットになります。

代理店型のメリット

対面式のやり取りが基本であり、代理店スタッフのサポート
を直接受けられるのが大きな特長です。

書類作成や手続きなどもすべて代理店スタッフが担当してく
れます。

また、自動車保険だけでなく、生命保険をはじめとした保険
を一括で取り扱っている代理店もあるため、保険に関するす
べての手続きをまとめて進めることも可能です。

代理店型のデメリット

ただ、代理店スタッフによるサポートが充実している反面、
手続きに時間がかかったり、募集代理店に支払う手数料などのコストが
保険料に加算されている場合があります。

まとめ

結論として、
代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険どちらにするかは
自分との相性でどちらがいいかを判断されるのがいいと思います。

私の場合はできるだけ安くしたいとの思いが強かったので
ダイレクト型を選びました。

安いのがいいのであればダイレクト型の自動車保険をおすすめいたします。
インズウェブ自動車保険一括見積もり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする