任意保険の等級に関する基礎知識

任意保険の等級に関する基礎知識

自動車保険見積もりのインズウェブ

一般の方が入る自動車保険は自動車一台単位で加入するノン
フリート契約が一般的です。
ノンフリート契約にはノンフリート等級が適用されます。

ノンフリート契約に対して、フリート契約とは10台以上の
クルマを保有する場合の契約のことで、企業など法人向けの
契約と言えます。

ここから先は
一般の方が入る自動車保険
つまりノンフリート等級に関する基礎知識をお伝えしたいと思います。
(以降は、等級=ノンフリート等級ということ)

任意保険の等級は、最初は6等級からのスタートになります。
事故を起こさずに運転していれば年々等級は上がっていきますが、
もし事故を起こしてしまえば6等級より下がることもあります。
ありますというのは、下がらないケースもあるからです。
そのことは後でお伝えしますね。

等級にはランクがあって、1等級から20等級まで分かれています。
事故を起こさず、つまり保険を使わないで
一年間過無事にごすことができると、次の年には一段上の等級に上がります。

したがいまして、
数字が大きいほど無事故期間が長い優良ドライバーであるという
レッテルが付きます。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

等級による保険料の違い

等級が高いドライバーは保険料が安くなります。
等級が高いということは長年無事故を続けている優良なドライバー
ということですから、保険会社からすれば
保険金を支払う確率が低い優良な顧客ということになります。

そんな優良な顧客に対しては保険料が低く設定されて
割引率が高くなります。

等級をダウンするケース

交通事故などで保険を使うと等級がダウンします。
基本的には一気に3等級ダウンします。
ただし、盗難や車上荒らしなどの被害に遭った場合は
1等級だけ下がる1等級ダウン事故になります。

等級がダウンしないケース
そして、人身事故を起こした際の任意保険適用に関しては、
必ず知っておくべきことがあります。

人身部分の賠償が120万円以内に収まった場合は、
自賠責保険の支払限度額に収まるため、保険事故とは
判断されません。つまり、等級がダウンしない
ノーカウント事故ということになります。
また、弁護士費用特約など、使用しても等級が下がらない
ものもあります。。

3等級ダウン事故

他人をケガさせた(対人賠償保険)
他人の車やモノを破損させた(対物賠償保険)
電柱や建物に契約車両をぶつけた(車両保険)

1等級ダウン事故

盗難
台風、洪水
落書き、いたずら、窓ガラス破損

ノーカウント事故

人身傷害
搭乗者傷害保険金
弁護士費用特約
ファミリーバイク特約

インズウェブ自動車保険一括見積もり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする