自分の車を他人に運転させるときの注意点

仲間とドライブを楽しむ時に、
友人・知人に運転を代わってもらうこともあります。
万が一の事故の際に自動車保険ではどのように補償
されるのか?

自分の車を他人に運転させるときの注意点を紹介します。

自動車保険見積もりのインズウェブ

ドライブや旅行中に、自分の車の運転を他人に代わってもら
うことはよくあることです。

また、友人から「仲間とドライブをするから車を貸して欲しい」
と頼まれることもあるかもしれません。

そんなときに気になるのが、自分の車を他人が運転
しているときに起きた事故の補償がどうなるかです。

自分の車を他人に運転させる場合、まずは、相手が自動車保
険に加入しているかどうかを確認することが大切なことです。

相手が自動車保険に加入していれば、万が一、
事故を起こしたとしても、その自動車保険に自動付帯している
「他車運転特約」で補償されるケースがほとんどです。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

他車運転特約とは、契約車両以外の車を借りて運転している
ときに起こした事故の損害を補償するものです。

補償内容は、
「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」など、契約
している自動車保険の補償内容に準じるのが一般的です。た
だし、停車中・駐車中の事故の損害は補償されないようです。

友人・知人に自分の車を運転してもらう際などは、相手が自
動車保険に加入しているか、他車運転特約が自動付帯されて
いるかを、念を押して確認しておきましょう。

では、
自分の車の運転をする友人・知人が自動車保険に加入してい
ないときは、どうすればいいのでしょうか。

免許は持っているものの、「車を持っていないので、
自動車保険には加入していない」という人は多いはずです。

こういった場合は、
車の所有者である自分の自動車保険で
補償が受けられるかを確認する必要があります。

ポイントは運転者限定の有無。運転者を家族・配偶者などに
限定している場合、他人が起こした事故は補償の対象外になります。

運転者の限定がない場合は、他人が運転して事故を起こして
しまっても自動車保険が使えます。

友人・知人などのいわゆる他人も補償の対象となるのです。
ただし、年齢条件の適用範囲は、保険会社によって異なる
場合があるので、事前に確認しておくことが必須です。

自分の車を運転する友人・知人などが自動車保険に加入して
おらず、しかも、車の所有者である自分の自動車保険でも補
償が受けられない場合は、
友人・知人などに「ドライバー保険」に加入してもらうのが
有効な方法です。

ドライバー保険とは、
車を所有していない人が入る自動車保険で、携帯電話や
スマートフォンを使って簡単に手続きができ、1日単位で
加入できるタイプも販売されています。

費用負担もそれほど重くはないので、車の運転を交代する可能性が
高い時や、
車を貸すといったときには加入してもらうといいでしょう。

また、所有者側の自動車保険に運転者限定がある場合には、
「期間を区切って『運転者限定特約』を外す」こともできま
す。
この時には、
保険料の差額負担などが発生するので、
どうするのか保険会社に確認をしてください。

万が一の交通事故に備えて、誰が運転していてもしっか
りとした補償が受けられるよう、友人・知人、そして自分自
身の自動車保険の補償内容を改めて確認しておくことが重要
です。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする