保険契約時や継続するときによく聞かれる「免責」ってどういう意味なのか

以前は代理店の方の言うとおりにしていたので、どういう意味なのか
深く理解していませんでした。自動車保険見積もりのインズウェブ自動車保険を安くするためには「免責」のことを
もっとよく理解しておいたほうがいいです。

車の保険では免責金額=「自己負担する金額」
と理解しておくとわかりやすいと思います。

もし、車両保険の免責金額を10万円に設定した場合のことを例にしますと
100万円の事故が発生したとすると保険金から90万円が支払われ、自己負担金
10万円を自分で負担するということです。

設定した金額以下の損害額では「保険料が支払われ
ません」

そして免責金額5万円なら
保険金から95万円、自己負担額5万円になります。
では、なぜ免責金額を設定するのか?

インズウェブ自動車保険一括見積もり

もし、免責金額0円に設定した場合に、100万円の事故が発生
したときに保険金から100万円すべて保険金から支払われます。
自己負担がなくていいと思うのですが、でも保険料は高くなります。

新車で購入したとして5,6年免責0にするとしたら、
保険に支払う額は、
免責金をもうけたケースと大きな差になります。

つまり、
事故を起こしていないのに、
保証をつけるためにそれなりのお金を支払っているのです。
事故を起こさなければ、そのお金は無駄になってしまいます。

だとしたら、
免責金額を高く設定して、保険料を安くして、
貯金しておいたほうがいいのではないでしょうか?

10万以下の修理なら保険を使用しないで自己負担したほ
うがいい。
制度改定により、事故あり3等級事故なら次回か
らの保険料も上がりやすいので、10万円程度の事故であれば、
現金で支払ったほうがいいのです。

10万円の自己負担となると大きいと思うのですが、
自分が事故を起こしたときにはどうにかなったし、結果的には
免責金を設定しておいたことで経済的な負担が軽くすんだので、
車両保険をつけるのでしたら免責金0の設定をするよりは、
免責金10万円にして、できるだけ保険金を安く抑えたほうが
賢い保険のかけ方なのではと思いました。

車両保険を外してしまうのは危険です。
免責金額の負担を大きくすることで保険料の節約にも継りますので
賢明なご判断をされて下さい。

あくまで、保険は使わないに越したことはありません、
ただ新しい車で大きな事故を起こしてしまったときは非常に
リスクが高いので、その点だけはよく考慮した方がいいです。

免責金額を10万円に設定しておいても、
事故の修理次第では修理金額を抑えることもできることです。

私の場合ですが
保険会社指定の工場に修理を依頼したのですが、
いろいろと便宜を図ってくれて、相談にもよくのってくれたので、
得したなと思ったことがあります。

なので、あまり免責金額にこだわって高い保険料を払わない
ようにしてください。

古い車などの市場価値がない車に車両保険をつけても
あまり意味がないの車両保険はかけずにはずした方がいいです。